3Dダウンロード

  Roland VPanel for DWX-42W・52D・52DC・52DCi

RAP-014 Roland VPanel for DWX Ver.2.41

Last Updated 2018/10/19

【概要】
VPanel for DWXは、コンピューターから DWX-42W・52D・52DC・52DCiの各種設定を行うためのソフトウェアです。

【適合OS】
Windows 10
Windows 8.1
Windows 7
※本ソフトウェアは32ビットアプリケーションのため、64ビット版WindowsではWOW64(Windows-On-Windows 64)上で動作いたします。

【アップデート内容】
仕様の変更に関する内容
1. 新規に機体のドライバーが登録された際、VPanel 起動時に機体選択画面が表示されるようになりました。
2. 1 台の機体に対し USB 接続と LAN 接続した際、別の機体として認識するようになりました。
・複数台を LAN 接続で設定した際、それぞれの機体に USB ID の設定が不要になります。
3. [設定] > [メンテナンスタブ] に[クーラント流量確認] ボタンが追加されました。
4. DWX-42W において、一部の画像が変更されました。
5. 一部のメッセージが変更されました。
不具合の修正に関する変更内容(以下の不具合が改善されました)
1. VPanel が起動しない場合がある。
2. 機体選択後に機体情報を正しく表示しない場合がある。
3. 複数のアプリケーションから機体に接続している際、USB ケーブルを抜き差しすると機体と接続していても VPanel の表示が
  オフラインになる場合がある。
4. DWX-42W において、機体の IP アドレスを変更した際にフリーズする場合がある。
※ DWINDEX を使用する際は VPanel for DWX を Ver2.10 以降にアップデートし、設定画面の DWINDEX タブから
  ログの保存を有効にして下さい.

<注意事項>
1、VPanelのアップデートの際にメール通知機能を使用中の方は記入内容をスクリーンショットなどで必ず控えておき、アップデート後に再度設定を行ってください。 アップデートによりアドレス、サーバーホスト名などが消去されます。
2、本バージョンを使用する場合は、ファームウェアVer.1.20以降を使用してください。


【インストール方法】
1. ダウンロードしたファイルを解凍する
2. setup..exe をダブルクリックする
3. 画面の指示に従って、次に進む
※詳しいインストール手順は、ファイル解凍後に作成される「readmej.txt」を参照ください

【ダウンロード】
 
ソフトウェア使用許諾書

ファイル名
容量
ここをクリック ↓

VpanelDWXv241.zip

63.4MB

 

【アップデート履歴】 過去の更新内容はこちらをクリックしてください。

Ver.2.40
仕様の変更に関する内容
1. DWX-42W に対応しました。
2. [設定] > [メンテナンス]タブ > [レポート/ログ] > [取得] において、以下が変更されました。
・保存されるファイルが機種ごとから機体ごとに変更されました
・最新のシステムレポートが保存されるようになりました。
 ただし、機体がオフライン/加工中は最新のシステムレポートは保存されません。
3. メイン画面が最小化表示できないようになりました。
・メイン画面左上のアイコンをクリックして表示されるポップアップメニューの最小化の項目が無効になりました。
・従来通り、メイン画面右上の[X](閉じる)ボタンではタスクトレイに格納されます。

4.DWX-52DC/52D/52DCi において、[設定] > [メンテナンス]タブ > [スピンドル慣らし運転] の運転開始前の
 メッセージを修正しました。
・約60分→最大60分
不具合の修正に関する変更内容(以下の不具合が改善されました)
1. [MACHINE STATUS] がリスト表示の際、アイコンの[画像を変更]メニューが各言語に対応していない。
※ DWINDEX を使用する際は VPanel for DWX を Ver2.10 以降にアップデートし、設定画面の DWINDEX タブから
  ログの保存を有効にして下さい.
   

Ver.2.20
仕様の変更に関する内容
1. DWX-52D において、MC-BDS(O 型) クランプに対応しました。
※ DWINDEX Ver.1.10 以降を使用する際は VPanel for DWX にて設定した材料登録情報が反映されます。
  VPanel for DWX を Ver.2.10 以降にアップデートし、材料登録を行なって下さい。

不具合の修正に関する変更内容(以下の不具合が改善されました)
1. DWX-52D において、ミリングバーの使用時間が更新されない。
2.[メンテナンス] タブ内[手動補正] の値が本体を再起動しないと反映されない。
3.Windows10 において、タイトルバーのアイコンをクリックした際に表示されるコンテキストメニューの位置がずれる場合がある。

4.[メンテナンス] タブ内[レポート/ログ] を取得する際、強制終了する場合がある。
5.本体が待機時以外の時に[メンテナンス] タブ内[レポート/ログ] を表示することができない。

※ DWINDEX を使用する際は VPanel for DWX を Ver2.10 以降にアップデートし、設定画面の DWINDEX タブからログの保存を有効にして下さい.

Ver.2.10
仕様の変更に関する内容

1. DWX-52DC と DWX-52DCi において、材料登録機能が追加されました。
・ [設定] →[設定]タブ →[材料登録]ボタンで材料登録画面を開き、アダプターID に対して どの材料を使用するか設定できるように
なりました。

vpanel210_1

※ DWINDEX Ver.1.10 以降を使用する際は VPanel for DWX にて設定した材料登録情報が反映されます。
  VPanel for DWX を Ver.2.10 以降にアップデートし、材料登録を行なって下さい。

不具合の修正に関する変更内容(以下の不具合が改善されました)

1. 複数台接続している際、操作してない機体でエラーが発生した時にエラー発生メールが送信されない場合がある。
2. DWX-52DC と DWX-52DCi において、[設定] > [DWINDEX]タブのログ出力先がネットワーク上にある際、ネットワーク未接続状態
になるとVPanel for DWXが強制終了する。

Ver.2.00
仕様の変更に関する内容

1. DWX-52D/52DCi に対応しました。
2. メイン画面のユーザーインターフェイスが変更されました。
・各項目の配置が変更されました。
・以前の配置で使用したい時は、[設定] > [VPanel] > [レイアウト]のタイプを DWX-52DC 互換にして下さい。
・BURの表示が変更されました。
・ミリングバー交換時期の状況が円枠で表示されるようになりました。
・[設定] > [VPanel] > [レイアウト]のサイズで画面サイズがリセットできるようになりました。
3. 接続する機体が選択できるようになりました。
・VPanel起動時に登録済みの機体一覧が表示されます。
一覧から操作する機体が選択でき、 最大 4 台まで同時接続が可能です。
4. 機体名に禁則文字が使われている場合、VPanel を起動した際に機体名変更を促す警告文を表示するようになりました。
・禁則文字: \ , / : * ? " < > | - [デバイスとプリンター]に表示されている機体名に禁則文字が使われていると、VPanel の ツール情報がファイルに保存できず、ツール情報が消えて使用できなくなります。
5. ミリングバーの管理画面が変更されました。
・Intelligent Tool Control(ITC)機能の設定ができるようになりました。
・1 種類のミリングバーに対して 3 本まで設定できます。
・ストッカーの番号を自由に設定できます。
・ ITC 設定がミリングバー管理画面に移行され、ストッカー設定画面は廃止されました。
・メイン画面に合わせてミリングバー交換時期の状況が円枠で表示されるようになりました。
6. セッテイ画面の項目が変更されました。
・ [VPanel]と[DWINDEX]タブが追加されました。
・ [PC 起動時に VPanel を機動する]のチェックボックスが[設定]タブから[VPanel]タブに移行されました。
・ [メンテナンス]タブのレポート項目が変更されました。
・メールタブに通知タイミングの項目が追加されました。
7. メール送信のタイミングが設定できるようになりました。
・加工終了、エラー発生、メンテナンス終了のタイミングでメールを送信するか設定できるようになりました。
8. DWX-52DC/52DCi において、DWINDEXで稼働状況を表示するための機体のログが保存できるよう になりました。

Ver.1.00
・新規発行


 前のページへ